2006年10月25日

ご当地ナンバー

今月10日より、全国で17種類のご当地ナンバーが導入された。
愛知県でも『一宮』『豊田』『岡崎』の3つが導入され、街でもちょこちょこ見かけるようになった。
ただ、今までに私が発見したのは『豊田』ばかりで、他はまだ見かけていない。
個人的な意見で恐縮だが、この中の『一宮』だけはどうも納得がいかない。
というのは、かなり昔の話になるのだが『名古屋』ナンバーが増えすぎて『尾張小牧』ができたとき、元々は『小牧』というナンバーになる予定だった(ナンバーの文字は現在の運輸局名、以前は陸運局とか陸運支局といっていたが、その名称をつけることに決まっていて、管轄は「小牧陸運支局」だった)んだけど、一宮市民が『尾張』にしろ!とか言って猛反対して結局『尾張小牧』に決まったという経緯がある。
我が家も『尾張小牧』を付けているが、一宮と小牧以外の市町村民にしてみれば、管轄内に小牧よりも大きな市がいくつかあるのに、一宮だけが抜け駆けしたように思えて仕方がないんだよな。
以上、独り言なので聞き流してねm(__)m
posted by まやたんパパ at 22:38| グァム ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。